発行記念特別企画 元SDN48メンバー甲斐田樹里×動物病院事業承継コンサルタント西川芳彦

獣医師になろうとしている方にこそ知ってほしい、承継開業

chapter-01

㈱メディカルプラザはこれまで院長先生向けに「事業承継」の雑誌を発刊してきました。
これまで承継開業した先生方のインタビューを通して、「この承継開業については早めに知っている方が新規開業しか開業法を知らない先生よりもはるかに有利な形で開業できている」という事実がみえて来ました。

そこで今回、この事実を獣医科大学の学生に知って頂き、臨床医、開業医となる夢を叶えて頂きたいと願い、新たに学生向けの新雑誌を創刊することにしました。
その発行記念として、元SDN48メンバー・甲斐田樹理さんによるインタビューを企画しました。

開業には新規の他にもう1つある

甲斐田

みなさん、こんにちわ。甲斐田樹里です。
今日はメディカルプラザ西川社長に、獣医科大学で学んでいる皆さんが将来どのような働き方ができるのか、獣医師としてのキャリアプランについて伺っていきたいと思います。
西川社長、よろしくお願いします。

西川

甲斐田さん、よろしくお願いします。

甲斐田

現在、獣医師を目指している学生の皆さんですが、将来はどのような働き方があるんですか。

西川

大多数の獣医科大学の学生さんたちは、将来、動物のお医者さんになりたいと思って大学に入られているのですが、ペット獣医師の将来が厳しいことが言われるようになったので、ペットの獣医師になることをあきらめて、公務員や一般企業(製薬会社等)に就職する人も多くなっているのです。

甲斐田

動物病院の先生になられる方ばかりと思っていましたが、企業に勤務したり、公務員になられる方もいるんですね。

西川

そうなんです。
動物病院を開業するには多額の資金が必要になるリスクがあるので、そのリスクを避けたいために臨床医になることをあきらめて公務員や企業に入る方が増えてきているのです。
実は、この開業には「新規」の他に、「承継開業」という、もう1つの方法があります。
大多数の方は新規開業しか知りませんが、新規の他に承継開業という方法があることを私は多くの学生さんたちに知って頂きたいと思っています。

甲斐田

この承継開業というのは、どういう開業方法なんですか。

西川

承継開業というのは、今ある動物病院をそのまま引き継いで開業する方法です。
以前ならば、承継と言えば、自分の子供や親族に継がせることが多かったのですが、最近は、獣医科大学の偏差値が上がって、息子や娘さんがなかなか大学に合格できないという実情や親の忙しすぎる状況を見て自分は引き継ぎたくはないと考える子供が増えているので、親子間での承継が減っています。

欧米では、子供ではなく他人である第三者が引き継ぐケースが盛んです。日本にもこの仕組みを導入したいと考えて、私はこの事業承継ビジネスを8年前に始めました。
将来、臨床医になろうと思ってこの難関の受験を突破して獣医科大学に入られている学生が、この「承継開業」という新しい方法を知って自分の夢を叶えてほしいと思いでこの事業承継ビジネスをやってきました。

承継開業とは、今繁盛している病院を引き継ぐこと

西川

実は動物病院を開業する場合は、医療の進歩で高額な機械が必要になっていまして、超音波とかレントゲンとか、血液検査の機械とか、手術の機械とか、かなりの投資が必要になっていまして、今開業しようと思うと、4000万円以上はかかると言われています。
大変なリスクがあるので、若い人は開業は難しいと思って諦めてしまいます。
その一方で、もう1つの開業方法である承継開業は、繁盛している病院を買い取って開業する方法がなんです。

甲斐田

繁盛している動物病院を他人に継がせることがあるんですか。

西川

ここにこの動物病院業界の知られざる特殊事情があるんですね。

甲斐田

この特殊事情というのはどういうことですか。

西川

繁盛している店などを他人に譲ることは普通はあり得ないことなんですね。そのあり得ないことが動物病院では普通にあり得るのです。

どういうことかと言いますと、繁盛している病院であればあるほど、患者さんがたくさん来ますから、院長は休めません。以前は勤務医が働いてくれていたので、なんとか休めていたのですが、最近は勤務医になろうという人が大都市の大病院に集中していることがあって、なかなか勤務医を採用できない時代になっています。そのために院長1人で頑張らないといけない状態になって、疲れ果ててしまっていて、体力の限界を感じたことから病院を譲りたいと決断される院長が増えているんです。

また、一般企業で言えば、他者に事業を譲るのは60歳以上の社長が多いのですが、動物病院の場合は、50歳代が最も多い。それは患者さんが一杯来ることで病院は繁盛しているのですが、院長本人は疲れ果てて、自分がいつ倒れてしまうかという不安を持って診療している。そのために病院を売りたいと決断されるからなのです。
 これが、動物病院の特殊事情ということなんです。

甲斐田

他者に譲るとしても、歳も60歳過ぎてから、患者さんも減ってから譲るというようなイメージだったのですが、そういうことではないんですね。

西川

他の業界ならばそうなんですが、そこが動物病院の特殊事情。
儲かっている病院だから他者に売る必要は全くないのですが、儲かって繁盛しているからこそ、その反面で院長が体力の限界を感じて「この先どうしようか」と不安に思って他者に譲る決断をされるんですね。
だから、今繁盛している病院を譲りたい院長がいるから、若い獣医師にとってはその繁盛病院を譲り受ければ、開業するチャンスになるということです。

甲斐田

人の病院でもそうですが、親がやっている病院は子供が継ぐのが当たり前と思っていたのですが、他人が継ぐケースもあるんだということを初めて聞きました。

西川

他の業界ではあり得ないことがこの動物病院業界にはありますので、是非この「承継開業」という新しい開業法にチャレンジして、動物のお医者さんになりたいという夢を叶えて頂きたいと思っています。

甲斐田

今の学生さんたちにはこの承継開業があまり知られていないとのことなので、ぜひこの機会に多くの学生さんに知ってほしいですね。

西川

大学では知る機会がないので、今後は学生向けの情報誌を出して、若い獣医師にチャンスを与えるこの承継開業を知って頂こうと思っています。

地方都市にこそチャンスがある

甲斐田

臨床をやりたい若い獣医師がチャンスをつかむために何か方法はありますか。

西川

はい、あるんですね。
それを一言で言えば、地方都市にこそチャンスがあるということです。
どういうことかと思われるでしょうが、それは、先ほど、獣医科大学が難関になっているという話をしましたが、今は偏差値と親の収入が比例しているということもあって、難関大学であるほど、合格者は親の収入が高い大都市に集中するという傾向があります。

獣医科大学も例外ではなくて、獣医師の出身都道府県が首都圏や大阪、名古屋の大都市に集中しています。
どうしても出身地で働きたいという方が多いので、大都市部で獣医師になるのですが、そのために、地方都市で獣医師を希望する人が非常に減っているのです。
地方都市で繁盛している病院でも、大都市から働き手(勤務医)が来ないという事情で、後継者がいない状況になっています。つまりは、地方に行く気があれば、繁盛している動物病院を引き継げるチャンスはあるということです。

甲斐田

地方に繁盛している動物病院がたくさんあって、後継者を探していることを若い人は知らないということですね。

西川

そうなんです。
学生さんも、勤務医先生も、今ある病院を買い受けて開業する「承継開業」という方法があることを知りませんし、地方都市に開業のチャンスがあることも知られていないのが実情ですね。

甲斐田

それはもったいないことですね。

西川

そうなんです。それがいかにもったいないことであるかに気付いて、学生さんや若い獣医師に開業のチャンスをつかんでほしいのが私の希望なんです。

甲斐田

私も家でワンちゃんを飼っているのですが、家の近くの動物病院がつぶれてしまうと困ってしまいます。そこで、若い獣医師さんがその病院を引き継いでくれたら、安心ですよね。

西川

まさにそうなんですよ。 今はどこに行っても動物病院はありますので、その病院がなくなっても、別の病院に行けばいいのではと思っている人もいるのですが、実は繁盛している病院であればあるほど、繁盛している病院の診療は他の病院では受けられないので、その繁盛病院を若い獣医師が引き継いでくれるのは、その地域の患者さんにとっては非常に有り難いことなのです。
このままではいい病院がどんどんなくなってしまいますので、そのいい病院を若い獣医師に引き継がせることは、患者さんも喜ぶし、地域の動物医療を守ることにもなるんです。

甲斐田

本当にそうですよね。
獣医科大学で学んでいる未来の獣医師のみなさん、ぜひ自分の動物病院を事業承継という形で手に入れて、臨床医として働くキャリアプランを考えてみませんか。
気になった方はぜひメディカルプラザの西川社長にご連絡ください。

西川

甲斐田さん、今日はありがとうございました。